山田雄一歯科医院

八王子市の歯周病専門医のいる歯科
山田雄一歯科医院

山田雄一歯科医院

インプラント・義歯・入れ歯

Implant and

インプラント・義歯・入れ歯Implant ・ Denture

新しく歯を入れたい ~補綴(ほてつ)治療~

新しく歯を入れたい

補綴治療とは、虫歯や歯周病の進行、打撲などの外傷のほか、先天的な原因などにより歯を失った場合に、新しく歯をいれる治療のことです。

補綴治療は大別するとインプラントと、ブリッジ、入れ歯という選択肢があります。噛んだときの安定性や、見た目という点では固定式のインプラントやブリッジのほうが入れ歯よりも優れていることが多いですが、患者さんの状況によってはむしろ入れ歯のほうが適しているということもありえます。
またインプラントを支えにした入れ歯、という設計もあり選択肢は様々です。来院された際に何を重視するか、どこにゴールを設定するかを一緒に相談しながら治療をすすめていきます。

インプラント治療における山田雄一歯科医院のこだわり

インプラント治療における山田雄一歯科医院のこだわり

インプラント治療に関して、日本以外のほとんどの歯科先進国では歯周病専門医がインプラント手術を行います。それは、インプラント治療と歯周病治療とが、切っては切れない関係にあるためであり、インプラントを長持ちさせるためには歯周病の知識が必要不可欠だからだと言えます。

また現在、世界中で多くのインプラントメーカーが存在しますが、当院では長年にわたり多数の研究報告があり、信頼性の非常に高いStraumann(ストローマン)インプラントを使用しております。
さらにインプラント手術を行う前に、CT検査で得られた情報を専用のソフトを用いてコンピューター上でシミュレートし、インプラントを正確な位置に設置するための専用の道具を患者さんごとに作製します(ストローマン・ガイドシステム)。
これを手術中に用いることで理想的なインプラントの設置位置をお口の中で正確に再現し、従来のインプラント手術よりも安全性を高めています。また、ひとつひとつの症例に対して歯科医師と歯科技工士が最初から連携することで、見た目や機能性などの見通しが立てやすくなります。

義歯(いれば)治療における山田雄一歯科医院のこだわり

入れ歯と言ってもその設計はさまざまです。残っている歯の状態によって比較的安定しやすい入れ歯もあれば、歯が比較的多く残っていても安定が得られにくい入れ歯になる場合もあります。また材質も樹脂(レジンといいます)を主に使ったものや金属(うすくても強度があり、適合がよいです)を基礎に用いたものなどいろいろあります。
当院では歯が数本しか残っていない場合でも咬む力と安定が得やすいコーヌスタイプの義歯や、下あごの総入れ歯でも外れにくい吸着義歯の作製も行います。ご来院された際に実際の症例を提示しつつ説明いたします。