山田雄一歯科医院

八王子市の歯周病専門医のいる歯科
山田雄一歯科医院

山田雄一歯科医院

審美歯科

Cosmetic Dentistry

審美歯科その他健康保険外の治療

歯の機能とは噛むことだけにとどまりません。笑顔のときに口元から見える白い歯は相手の方に爽やかな印象を与えることと思います。見た目も機能の一つにあげられるならば、歯が本来もつはずの自然な色調や形態の回復をしてこそ真の意味での機能回復といえるでしょう。

この点において、残念ながら健康保険の範囲では十分な機能回復が図れないというのが現状です。すなわち治療方法や材料に制限があるため、到達できる見た目のきれいさ(審美性)や、装着物の精度もある程度に限られたものになってしまいます。

健康保険という制限からはなれた治療では、この審美性や細かい部分の精度を追求することができますし、あるいは抜歯せざるを得なかった歯が保存できることもあります。新たな歯の被せ物をつくる場合も、歯科医が十分な時間をかけて治療を行い、寸法変化の限りなく小さい材料を用いて型をとり、熟練した技工士が丁寧に色や形を合わせて患者さんそれぞれのお口の中に適した歯をつくります。出来上がったものを装着するときも、接着力の高いセメントを用いることができます。

審美歯科

またカラダにきちんと調和した歯を入れるには、歯の周辺環境(歯の根っこを支える骨、骨と根っこをつなぐ繊維、繊維がくっつくもう片方の根っこの表面、そして歯茎、この4つを総称して歯周組織といいます。図を参照)を整えることがまず前提になります。
歯周病専門医はその周辺環境を整えるスペシャリストです。

被せ物の形だけをカッコよくしても真の意味での完成ではありません。歯の根っこの状態、周囲を支える骨、骨の上を覆う歯茎、すべてにおいて配慮が必要です。つまり歯を長く持たせるために、周辺の環境整備が何よりも大切です。
例えるならば、建物をつくるときに、通常は前もって地盤の調査をします。どんなに素敵な建物をつくる予定でも、緩んだ地盤を改良しないままでは建物はすぐにダメになってしまうでしょう。であるならば地盤は上に建てるものと同様に配慮するべきといえます。歯の地盤とは歯周組織です。

ホワイトニング

山田雄一歯科医院では最新のホワイトニング用の機械(ブリリカビアンコ)を導入し、効率的な歯のホワイトニングが可能です。歯の色が気になっている方はぜひご相談ください。